髙田紙器のSDGsへの取り組み

持続可能な社会の実現に向け、私たちができること

「リサイクルの優等生」とも言われる段ボールを長年扱ってきた私たち。近年では梱包に欠かせないウレタンを再活用したり、新たな提案にも積極的に取り組んでいます。例えば、ウレタンを用いたキッズコーナーで、外出先でも子どもたちが安全に過ごせる場を創出。「親子」と「社会」とのつながりをサポートしています。

創業以来、私たちは本業を通じ暮らしを支え、持続的な社会に向け貢献してきました。一つひとつは小さな取り組みではありますが、これからも、社会に必要とされる企業であり続け、持続可能な暮らしに貢献して参ります。

グループ 8068

私たちは健全な事業発展を通じて社会に貢献し、企業の社会的責務を果たします。

・髙田紙器だからできる飛沫感染対策商品の開発及び製造を進めていきます。
・社内感染対策を実施しています(パーテーション及び空気清浄装置の設置)。
・ストレスチェックを年1回実施します。
・ワークショップや社会見学の受け入れを通じて仕事の楽しさを伝えていきます。
・会社周辺の清掃活動を行うことにより、地域の皆さんとコミュニケーションをとり、住みよい街に貢献いたします。

地域ゴール

グループ 8064-1

私たちは地球環境の調和を図り、広く社会に貢献していきます。

・省エネ推進活動を通じ、CO2排出量を削減しています(本社屋上に太陽光発電パネル設置済)。

・ウレタン事業部では、加工残ウレタンを回収してもらい再生ウレタン(チップウレタン)の使用率を上げて製品の製作を行っています。
・段ボール等の廃棄物を専門業者に回収してもらい、再生段ボールを使用しています。
・設計段階のシートロスを削減しています(ロスがなるべく出ないような機械設備へのアップグレード)。
・社用車のガソリン使用量削減活動を実施しています(社用車をCO2削減対応車へ)。
・バッテリー式フォークリフトの採用をしています。

環境資源ゴール

私たちの働きで豊かな価値を創出し、より良い社会を作ります。

・男女問わず活躍できる働きがいのある職場づくりを進めていきます。
・フォークリフト運転免許取得のための費用を、全額負担しています。
・60歳を過ぎても活躍できる場をつくり、経験技術を継承していきます。
・作業効率を上げることで、一人当たりの総労働時間の削減に取り組んでいきます。
・多様な人材が活躍できる職場づくりを行っています(技能実習生の教育活動など)。

働き方ゴール

私たちはCSR活動を通じて社会や環境と共存し、ステークホルダーからの信頼を得られるようにします。

・サプライヤーの皆さまを大切にし、お互いが尊敬しあえる関係を築いていきます。
・地域の皆さまへ感謝をし、関係づくりを大切にしていきます。
・CSR、BCPの取り組みを進めていきます。

繋がりゴール

  • HOME      >      
  • 髙田紙器のSDGsの取り組み